スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunes/iPodで洋書をきこう!-ナルニア国物語の巻 

iTunesで「ナルニア国物語」の洋書オーディオブックを入手できることを発見しました!私はさっそく全部ダウンロードしました(あまり好きではない『最後のたたかい』以外は。)。

英語力をアップしたい人、ただただナルニアが好きな人、みなさんにおすすめです。特に英語力をアップしたい方、秘訣は「楽しめる英文を繰り返しきくこと」ですよね。

私は今のところPCにダウンロードしたままできいていますが、音質良好です。
iTunesの特長としては
1)購入前に、冒頭部分を試聴できること

2)当然ながらiPodにシンクできること(いつでもどこでもきけますね!)

3)CDに書きこめること(音楽だけでなくオーディオブックも書きこめる、、、はず。まだ試してないですが)

4)ギフトとしてほかの人に贈ることができること

しかも、CDによるオーディオブックを買うよりはるかに安い。このブログでは前に洋書+英文CDで紹介していましたが、英文CDだとナルニア各巻2800円くらいですが、iTunesのオーディオブックではナルニア各巻1700円。これでUnabridged(全文)版ですよ!

ハードカバーの本1冊買うような値段でオーディオブックが入手できる時代になったんですね。うれしい!

ということで、各巻のご紹介。ボタンで開いてみると「プレビュー」ボタンで試聴ができます。
*iTunesが既にPCに入っている方は、各巻に直接飛びます(一旦music sotreに飛んでから3~5秒くらいかかります)。

*まだiTunesが入っていない方は、まず無料ダウンロードを。下のボタンのどれかを押すとiTunes無料ダウンロード画面になります(メールアドレス欄は入力不要)。デスクトップに"SetUp"アイコンをダウンロードし、あとはSetUpアイコンの指示通りに進めるだけ。3分くらいです。PCを再起動したら、またこのページに戻ってきて下さいね)


(買う前に試聴できます)
『ライオンと魔女』
C.S. Lewis - The Lion, the Witch, and the Wardrobe: The Chronicles of Narnia (Unabridged) - The Lion, the Witch, and the Wardrobe: The Chronicles of Narnia (Unabridged)
『カスピアン王子のつのぶえ』
C.S. Lewis - Prince Caspian: The Chronicles of Narnia (Unabridged) - Prince Caspian: The Chronicles of Narnia (Unabridged)
『朝びらき丸 東の海へ』
C.S. Lewis - The Voyage of the Dawn Treader: The Chronicles of Narnia (Unabridged) - The Voyage of the Dawn Treader: The Chronicles of Narnia (Unabridged)
『銀のいす』
C.S. Lewis - The Silver Chair: The Chronicles of Narnia (Unabridged) - The Silver Chair: The Chronicles of Narnia (Unabridged)
『馬と少年』
C.S. Lewis - The Horse and His Boy: The Chronicles of Narnia (Unabridged) - The Horse and His Boy: The Chronicles of Narnia (Unabridged)
『魔術師のおい』
C.S. Lewis - The Magician's Nephew: The Chronicles of Narnia (Unabridged) - The Magician's Nephew: The Chronicles of Narnia (Unabridged)
『最後の戦い』
C.S. Lewis - The Last Battle: The Chronicles of Narnia (Unabridged) - The Last Battle: The Chronicles of Narnia (Unabridged)


ナルニア各巻の内容ご紹介は「ナルニア国物語ライブラリー」へどうぞ(ネタバレなし)


ipod_468-60.gif



カテゴリー:| ナルニア国物語 | 英語学習方法| 英語学習教材 |
紹介媒体: | 洋書 | 英語iPod/英語ポッドキャスト | 英語CD | 翻訳版 |

スポンサーサイト

コメント

Tod & Pigさま

コメントありがとうございます!とってもすてきなサイトですね。私と同じような興味で記事をまとめられていて、うれしくなっちゃいました。それにほかに好きな本もにているんです。

貴サイトで紹介して頂けるのでしたらこちらこそ嬉しく存じます。私の方もリンク表示をさせて頂きますね。

ところが、今そちらの掲示板でご返信しようとしたら、まったく関係ない変な動画付投稿がなされていたので、そちらへの投稿及びこちらでのリンクを保留させて頂いています。

お困りでしょうから削除されると思いますが、削除されたところで改めてご連絡いただけますと幸甚です。

p.s.私もナルニアの年代記を作りかけです。ご存じかもしれませんが、『ナルニア国の住人たち』(岩波書店)というポーリン・ベイズンの絵をならべた絵本の最後に、ナルニアとイギリスでの年代を対比した年表(CSルイスがまとめたもの)があります。ご参考まで。

こんにちは!

リンク集に追加させていただきました!
またメールと内容が被るかもしれませんが・・
掲示板は毎日悪質スパム絵が書き込みされ、
処理も手作業で大変なのですが、
常連さんがよく遊びにきてもらっていて、
だいぶにぎわっていますよ!
/余談ですが、DVD発売決定したそうです(7/26)

初めまして!

ナルニアの掲示板からたどってきました。すてきなブログですね。
さっそくあちこち読ませていただいています。
私は,小学6年生の時にナルニアに出会って以来のもう数十年のナルニアファンです。ルイスの本もたくさん読みました。
最近,ひさしぶりに「馬と少年」を読了しました。なかなか「本を読む」というまとまった時間がとれないのが今のなやみですが,今でも,衣装ダンスの向こう側や,最後の戦いのあの小屋の扉をくぐれるような,そんな人生を送りたいと思っています。
また,おじゃまします。

ふくちょさま

コメントありがとうございました!
ナルニア数十年のファンの方に遊びに来て頂いてとってもうれしく思います。

私は、数あるファンタジーの中で、やっぱり心が癒されるのはナルニアだなと思ってます。

(私がはじめて読んだのはたぶん小学校3、4年生ごろで、「まさかね」と思いながら、念のため家のタンスに入り込んで奥を探ってみたことがあります(笑)

ぜひぜひまた遊びにいらして下さいませ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://englishbynatsuno.blog62.fc2.com/tb.php/47-ea731352

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。