FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万葉集英訳:磐姫皇后御作四首 

前回ご紹介した磐姫皇后の「秋の田の」の歌は、皇后が仁徳天皇を思って作られたという四首の中の最後の歌です。では四首続けてご紹介します。

磐姫皇后天皇を思ひよみませる御作歌四首〔巻2-85~88〕

君が行きけ長くなりぬ山たづね迎へか行かむ待ちにか待たむ

かくばかり恋ひつつあらずは高山の磐根しまきて死なましものを

在りつつも君をば待たむ打ちなびくわが黒髪に霜の置くまでに

秋の田の穂の上に霧らふ朝霞いづへの方にわが恋やまむ

(Manyo-Shu Vol.2-85,86,87,88)
Four poems by the Empress Iwanohime; Longing for the Emperor Nintoku

It has been many days since my Lord left
Shall I go to seek him beyond the mountains
Or shall I just wait and wait for him here?

Instead of staying here yearning for thee,
I’d rather die, with a crag as my pillow
Up in the mountain with lofty peaks.

I will just stay here waiting for thee,
Until frost falls on my trailing black hair.

Over ears of rice in the autumn field
Lingering is the morning mist;
Are there limits to my love somewhere?

試訳Y.Natsuno (c)。基本リズムとして4拍子を感じてもらえるとうれしいです。


(歌意)
〔巻2-85〕あの方がお出かけになってから何日も経ってしまった。山をたずねてお迎えに行こうかしら、それともお待ちしようか。
〔巻2-86〕このように恋い焦がれてばかりいるよりは、いっそ高い山の磐を枕にして死んでしまいたい。
〔巻2-87〕このままであなたをお待ちしましょう。私の長い黒髪に霜が降りるまで。
〔巻2-88〕秋の田の穂の上に朝霧が漂ってあたり一面霞んでいる。私の恋はどこかに果てがあるのかしら。
(別解釈:「秋の田の穂の上にかかっている朝霧がいずれは消えるように、私の恋もどこかに消え行くことがあるのかしら」)。


古事記では、仁徳天皇が、黒日売(くろひめ)を恋われて磐姫皇后に隠れて淡路島に行かれたことが書かれており、また磐姫皇后が不在のときに八田若郎女に逢われたともあります。これらの歌は、このように天皇が他の女性に会いに出かけられたときに歌われたとの想定でしょう。

最初の歌は、何日も待ち続け、迎えにいこうかそれとも待つべきかと悩む心持が、そして次の歌は、もう居てもたってもいられず途中で死んでもいいから山を踏み分けてでも天皇に会いに行こうという必死の思いが歌われています。第三首は、一転して思い直し、やはり待っていようという思いが表されています。最後の歌は、こうして感情の起伏激しく何日も過ごしたために疲れ果て、朝霧を眺めながら自分の情念のあまりの深さにため息をついている歌のように思えます。

なお、第三首の「霜の置くまで」は「白髪になるまで」という解釈と、文字通り一晩中おきていて「霜が降りるまで」という解釈がありますが(「万葉の人びと」犬養孝)、四首の流れから私は後者を採ります。ときは秋、早朝には霜が降りるほど寒い中一晩中待ち続けて(第三首)、朝を迎え朝霧の中立ち尽くす磐姫(第四首)という流れで読めるからです。それに、「白髪になるまで」というやや非現実的な比喩表現より、霜の降りる中一晩中起きて待っている方が、現実的でかえって凄みがあるように思います。

これらの歌の作者ですが、「秋の田の」の歌が、仁徳天皇時代より後の時代の民謡であると見られているように、その他の三首も実際には磐姫の御作ではないといわれています。特に「君が行き」の歌は、允恭天皇御世の軽大郎女(衣通姫)作の類似歌「君が行日長くなりぬ山たづの迎へを行かむ待つには待たじ」が元歌と言われています。

それでもこれら四首が磐姫皇后御作とされているのは、情熱的だとされた磐姫皇后の話にふさわしいと後世の人々が思ったからなのでしょう。そして、こうした歌から想起される磐姫皇后とは、「悪妻」といったイメージではなく、恋に悩み迷う女性のイメージであり、多くの人が共感し同情したからこそ、これらの美しい歌が磐姫皇后御作として伝えられてきたのではないでしょうか。


(原文)

磐姫皇后思天皇御作歌四首


〔巻2-85〕君之行 気長成奴 山多都禰 迎加将行 待爾可将待
〔巻2-86〕如此許 恋乍不有者 高山之 磐根四巻手 死奈麻死者乎
〔巻2-87〕在管裳 君乎者将待 打靡 吾黒髪爾 霜乃置万代日
〔巻2-88〕秋田之 穂上爾霧相 朝霞 何時辺乃方二 我恋将息


関連カテゴリー: | 英詩と和歌 |

スポンサーサイト

コメント

いずれにせよ、「女」が作ったのは間違いなさそうな歌ですね。(笑) 昔の人は、今と違い、気を紛らすものが少なかったでしょうから、「かくばかり恋ひつつあらずは高山の磐根しまきて死なましものを 」って、死んじゃいたいまでに苦しくて苦しくて、あーだこーだ考えて。(笑 ←笑っちゃ悪いか。確かに、いずれ恋は苦しい・・・)
人間の感情は、今も昔もさほど変わらないのでしょうか。 また、今のご時勢、苦しみだけでなく他の感情も、そうであって欲しいと思います。

すっきりした英訳で、さすがですが、4拍子が、私には分からなくて・・・ ごめんなさい。

多分、知ることのなかったであろう「万葉集」の世界をご紹介くださり、どうも、ありがとうございました。
全部好きですが、特に私は、YNさんのポエムシリーズが好きです。

Mayumi様

コメントありがとうございます。
確かに、「女」という感じがしますよね。
あまりに情が強すぎて(こわすぎて)、仁徳天皇が逃げちゃうのも分かるような気もします(笑)。

ポエムシリーズお気に召して嬉しいです。和歌の英訳のために英詩を読みあさっているので、そのうちまた英詩も何かご紹介したいと思います。

I'd rather die というところに、情熱が感じられますよね。
「霜の置くまで」の解釈は二通りあるんですね。大袈裟すぎる表現よりも、一晩中の方が「現実的でかえって凄みがある」というのは全くその通りだと思います。
たまに漢文で大袈裟すぎる比喩表現がありますが、日本人にはちょっとそぐわないような気もしますし…。

昔の日本人女性というと奥ゆかしい、というイメージが強いですが、こんな風にストレートに気持ちを表現できる「歌」という存在が果たした役割は大きいようですね。自分の恋の話を、ずっと後世の人が聞いてそれに共感してくれるなんて、素晴らしいことですよね。

>昔の日本女性というと奥ゆかしいというイメージが強いですが

そうですね。古今や新古今の時代になってくると、女性はひたすら恋人の訪れを待って、来ないとよよと泣くみたいな感じですが、万葉集には、これ以外にも強く、ストレートに感情を表した女性の歌が多くて、面白いですよ。

男性の歌も女性の歌も、とにかく万葉の歌は技巧に走らず人間の感情が素直におおらかに表現されているので、私は大好きです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://englishbynatsuno.blog62.fc2.com/tb.php/135-0aad8ea6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。