FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログタイトルを変更しました 

ブログタイトルを変更しました。本ブログをリンクして下さっている方、お手数ですが、変更して頂けますと幸甚です。もう当面変更はしないと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

ブログタイトルはここ数ヶ月間、ずっと変えようと思いつつ、四字熟語やら花の名前やら好きな本からの引用やらいろいろ考えていたのですが、面倒くさくなって最初に思いついた"Ten Thousand Leaves"で行くことにしました。

要は、「万葉」なんですが、これから万葉集に特化しようという訳ではなく、「よろずいろいろなことを書く」ということでございます。でもたまに万葉の英訳も載せていきたいとは思っています(まだ1回しか掲載していないですが)。


ではいろいろ考えていたブログタイトル候補をいくつか書かせて頂きます。へーこんな四字熟語があるんだ、という発見があったので備忘録的に。

百花繚乱

読書三到 (意味「読書の3つの心構え。心到、眼到、口到」)

明窓浄机(意味「明るい窓と清潔な机。整頓された書斎のたたずまいをいう。」こういう風にしたいなという願望だったのですが、やはり現実からあまりに乖離しているので却下)

雲外蒼天 (意味「困難を乗り越え努力して克服すれば快い青空がのぞめる」ちょっと力入った感じなので却下)

雲心月性 (意味 「無私無欲のたとえ」。これもありたい姿ですが、無理。)

植物関連では、向日葵、白木蓮、馬酔木、雪柳、沈丁花、篝火草、合歓の花、金木犀、万緑、鬼灯などを考えていましたが、季節によってあわなかったりしますからね。それになんだか俳句結社の機関誌のタイトルみたいですし。

さて、とあるオタクな本からとった以下のタイトル候補にはかなり執着がありました。でも有名な本だから(日本ではあまり知られていないけど)、この手のタイトルのブログやら、企業名やらがたくさんあることが分かってこれも断念。この本についてはいずれ書きます。

Life, the Universe, and Everything
Forty Two
Mostly Harmless
Magrathea

知らなければなんのことやらって感じですよね。でも、"Life, the Universe, and Everything"とか"Mostly Harmless"ってけっこうメジャーなメディアの記事にさらっと使われていたりすることに最近気づきました。スタートレックの導入の"bodly go where no one has gone before"が特にスタートレックからの引用という説明などなしに使われているように、説明なく使われているので、知らないと気づかない。さすがミリオンセラー。この本はいずれご紹介しますので楽しみにしていて下さい。

スポンサーサイト

コメント

タイトル候補とその却下理由、おもしろく読みました。特に「植物名は俳句結社の機関誌のタイトルみたい」というところは、大笑いしてしました。本当にそうですね。英語関係のブログなのですから、アルファベットのタイトルにして正解だったのではないでしょうか。
却下されたアルファベットのタイトルに関する本の記事、楽しみにしています。

はじめまして!
最近トモダチに紹介されてどこよ!
っていうサイトに登録しました~
待ち合わせに便利な機能とかも付いててミクシイよりも面白い!
よかったらみてみてください^^

「万葉」とは、YNさんのブログにぴったりです。それを英語で「Ten Thousand leaves」というのも美しい感じでぴったり!

「読書三到」は、その後に「何事か成らざらん」と続きそうで、私事でクスッと笑っちゃいました。
私は色んな物のツメが甘くて、まあまあの所に行っても極められません。読書も、最後数十ページを残して放ってしまった本が沢山あります。
数ヶ月前に読みます宣言した「ダビンチコード」も、最初は思ったより文章が平易で読みやすく、知らない単語を飛ばしてもストーリーが引っぱってくれる感じでドンドン読めたのですが、イギリスに渡った辺りからペースダウンして、今は、先日また引っ張り出したのですが、後100ページを残したまま訳が分からないというか、面白くなくなっちゃいました・・・
英語力&読解力&私のクセ、もろもろで、もう読めないかも(笑)。

色んな知識と書籍のおいしい所はYNさんのブログで、博学で正しい観察眼をお持ちのYNさんから吸収させていただこ~っと(爆)!
YNさんにとっては、何のメリットもなさそうで申し訳ないのですが、これからもよろしくお願いします!

p.s. 私のブログをリンクして下さったのですね。本当にありがとうございました(涙)・・・

改めまして、おめでとうございます!

ブログタイトルの変更発表(?)、おめでとうございます。
ずっと考えておられたんですね。いやぁ、タイトルというのは難しいです、確かに。
「万葉集」を彷彿とさせつつ、「よろずいろいろなことを書く」という意味のタイトルは、こちらのブログにぴったりですね。
映画・洋書はもちろん、政治・経済の分野まで、カヴァーされている範囲が本当に広いですものねぇ。こちらのブログを拝見して、「私ももっと世界を広く見なくちゃ!」と自分に言い聞かせております。

四字熟語、知らないのが結構あります…(汗)。他の英語のタイトル候補もまさに「なんのことやら?」な状態なので楽しみに待っていますね。

唯一反応できるネタに反応させて下さい!(笑)。あのナレーション、大好きなんですよ。私はTOSをちゃんと見たことないのですが、そのナレーションでは、no man になっていたそうですね。それがPCで no one になったという話を聞きました。

Mayumiさま

コメントありがとうございます。
ダ・ヴィンチ・コードは最初はおもしろくて夢中になって読めるけれど、一つ謎が解けるとまた次が出てきて、だんだんだれてきますよね。謎解きを1、2段階削った方がよかったんではないかと思います。

とにかく最近やたらと長い本が多いなと感じます。私も先日1冊途中で断念して、図書館に返却しました。590ページぐらい。ちゃんと推敲して削ってから出版してくれと思いました。(しかも、ハードカバーだったし。きゃしゃな私は図書館への往復の持ち歩きだけでも疲れる(笑))。

Mayumiさんのブログはもう固定愛読者ですから。いつも美声と和英の名文を楽しみにしています。私は、最近文末を関西弁「風」に話す癖がついて、周囲からどうしたの?と言われています。「風」ではまだダメみたいです。励みます。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します。

Rachさま

コメントありがとうございます。

候補の四字熟語は、百花繚乱以外は私も今回初めて知ったものです。四字熟語データバンクというサイト( URL )を「あいうえお」順に全部見ていった。Webをみているとすぐに疲れてしまうので、結果として数ヶ月もかかりました(笑)。これって四字熟語か?というのもありましたが、知らない四字熟語がたくさんあるなというのが発見でした。でも残念、すぐにほとんど忘れてしまいましたけど。

スタートレックの最初のナレーションは名文ですよね。
"no man"だったのは初耳ですが、何となく"no man"の方が前人未到な感じが強くてわくわくします。そこまでpolitically correctnessにこだわらなくてもいいのにって思ったりもします。

ちなみに先日cloakingの技術開発に成功したという研究者に関する記事があって、その記事の冒頭にもこの"boldly go..."がさらっと使われてましたよ。cloaking技術といってもまだだいぶ原始的なもののようですが。でも楽しみですよね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://englishbynatsuno.blog62.fc2.com/tb.php/124-8f224cd7

スタートレック

スタートレックスタートレック (Star Trek) はアメリカ合衆国|アメリカのサイエンス・フィクション|SFテレビドラマシリーズ。概要テレビドラマシリーズで科学知識に基

  • [2007/01/31 06:32]
  • URL |
  • ヒナの部屋 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。