FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ゴースト』 

『ゴースト』("Ghost") 1990年 米国
監督:Jerry Zucker
出演:Patrick Swayze,Demi Moore,Whoopi Goldberg 

IMDb (Ghost)はこちら

ストーリーはありがちなものですが、とてもロマンチックで、かつサスペンスの要素やコメディの要素もあり、お勧めです。

この映画を見たことがなくても、曲"Unchained Melody"は聞いたことがあるはず。この曲のおかげで、映画の価値も上がったのではないかと思います。

(なお、古い映画なので、以下の紹介は内容にかなり踏み込んでいます。)



ストーリー(出だし)
恋人どうしのサム(パトリック・スウェイジ)とモリー(デミ・ムーア)はNYのロフトで一緒に暮らし始める。幸せの絶頂にあった二人だが、ある晩帰宅途中で強盗にあい、サムは撃たれてしまう。サムは、自分の体にすがりついて泣くモリーを、離れて見ている自分に気づき呆然とする。

あまりに突然で事態を呑み込めず、モリーのことも心配で離れられないサムは、やがて、自分が襲われたのは単なる偶然ではないことを知る。自分の死の謎を解明し、モリーを守るために、サムは何とかモリーに意志を伝えようとするのだが。。。


コメント
モリーを深く愛していながら、生きている間は言葉ではあまり表現してこなかったサム。そんなサムがモリーを守ろうとする必死の思いにとても感動します。何度見ても涙がでるほど。

一方で、ウーピー・ゴールドバーグ演じるインチキ霊媒師オダ・メイ・ブラウンとサムのかけ合い漫才のようなやり取りがおかしくて、笑いこけてしまいます。

サムの死の謎を追う過程で、ドキドキ・ハラハラしながら、泣いたり笑ったり楽しめる映画です。

個人的には終わり方があまり好きではないのですが(私は悪人は法の裁きを受けてほしいと思うので)、でも話の展開からするとこうするしかないのかなとも思います。

パトリック・スウェイジもすてきですし、ウーピー・ゴールドバーグの怪演も笑えますが、やはり何度も見たくなるのは、デミ・ムーアの魅力のためでしょうか。

この映画のデミ・ムーアは、他の多くの出演作("G.I.ジェーン"や"Striptease" や"Disclosure")のようなタフで攻撃的な女性ではなく、とても可憐ではかなげな女性を演じています。これがとても魅力的です。私はこの映画のデミ・ムーアが一番好きです。


セリフの紹介
では、セリフをご紹介します。

まずは、オダ・メイ・ブラウンとサムの漫才。ゴーストとなったサムがオダ・メイを通じて何とかモリーに状況を伝えようとするところです。

QUOTE
Sam : Molly, you're in danger.

Oda Mae: You can't just blurt it out like that! And quit moving around, because you're starting to make me dizzy. I'll just tell her in my own way.

[pause; then, to Molly]

Oda Mae: Molly, you in danger girl.

UNQUOTE

ここで、オダ・メイは、「君に危険が迫っている」というサムの言い方に、そんな唐突な言い方じゃだめよ、と文句を言いながら、結局モリーに言ったセリフはサムの言い方そのまま。単に最後に"girl"を追加しただけです。

ちなみに、オダ・メイにはサムの声だけ聞こえて姿は見えません。なので動き回られるとめまいがすると、文句を言っている訳です。そしてモリーにはもちろんサムの声は聞こえません。

では、場面は映画の冒頭に戻って、二人が強盗に襲われる前の会話です。

QUOTE:
Molly: Do you love me, Sam?

Sam: Now, what do you think?

Molly:Why don't you ever say it?

Sam: What do you mean, why don't I ever say it? I say it all the time. I feel like,,,

Molly: No, you don't. You say "ditto", and that's not the same.

"ditto"というのは「同じく」という意味ですね。いつもMollyが"I love you"と言って、Samはその後に"ditto"というだけ。自分から言ってくれることも、"I love you, too"と返してくれることもないのです。


そして、今度は、一番最初にご紹介した会話のすぐ後。サムが、オダ・メイは自分(サム)の言葉を伝えているのだということを、何とかモリーに証明しようとするところです。

QUOTE

Sam(オダ・メイに): Tell her I love her.
Oda Mae(モリーに): He says he loves you.
Molly: Sam would never say that.
Sam(オダ・メイに): Ditto. Tell her ditto.
Oda Mae(サムに):What the hell is ditto? (モリーに)Ditto.

ここで、モリーは、本当にこれはサムかもしれないと思うのです。襲われる前の会話が伏線になっているわけですね。


photo
ゴースト ニューヨークの幻
ジェリー・ザッカー パトリック・スウェイジ デミ・ムーア
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-03-01

by G-Tools , 2006/09/10




photo
ゴースト―ニューヨークの幻
Bruce Joel Rubin 新田 晴彦
フォーインクリエイティブプロダクツ 1995-06

by G-Tools , 2006/09/10




英語レベルは「中級」。このスクリプトのレベル区分(中級)も参考にしました。そんなに聞き取りづらいところはないと思います。


関連カテゴリー: | ラブストーリー・ラブコメディ
紹介媒体: | 映画DVD | 映画スクリプト | → 「ブログ内検索」で同じ媒体を紹介している記事を探す 

スポンサーサイト

コメント

とっても楽しめる映画ですね。
この映画で初めてデミ・ムーア(ショートカットってキュートだな)とウーピー・ゴールドバーグ(とにかく最高におかしい。上手い俳優だ)を知りました。
また見たくなる映画です!

Ditto!

私もこの映画、好きです! 見たのは大学生の時で、ただ映画として観賞していただけでセリフの英語には全く注意を払っていませんでしたから、セリフの解説を面白く読ませていただきました。
そうかぁ~、サムは"ditto"って言ってたのね。フレンズでロスが ditto を使っていたのを聞いたことがありますが、確かに I love you. に返すセリフとしては、ロマンチックのかけらもない、って気がする・・・(笑)。でもそのセリフを聞いて、彼かもしれない、と思う、というのが泣けますよねぇ。あぁ、これが恋人同士ってやつなんだわっ(キラキラ)。
ウーピーは本当に面白かったですよね。小切手を握りしめて離さないのとか大笑いしちゃった。

Unchained Melody

この歌を聞いたとき、発声の特徴から、歌っているのは黒人グループだと確信しました。ところが、あるときテレビでこのグループを見たら、白人グループだったので、びっくりしました。そしてまた後日、Righteous Brothersというこのグループの名は、「Righteousな黒人の歌い方である」と黒人たちからお墨付きがでて付いた名前だと知りました(ただし、どこで聞いたのか、あるいは読んだのか、覚えていません)。だれが歌っているにしろ、この映画をいっそう感動的にしているすてきな歌ですね。

Mayumiさま

そうデミ・ムーアはショートカットがとてもキュートでしたね。
ウーピー・ゴールドバーグはいろんなタイプを演じられる女優だと思います。スタートレックのあるシリーズで、超長寿人種という設定の、ちょっと神秘的で物静かな女性を演じているのですが、この映画でのインチキ霊媒師と同じ人とは思えません。彼女の映画では、あと「天使にラブソングを」が私は大好きです。

Rachさま
"ditto"って不思議な響きですよね。私がこの言葉に初めて出会ったのは、赤毛のアンシリーズの「虹の谷のアン」の翻訳版でした。牧師館の家政婦さんが毎週一度羊肉(だったと思います)を大量に煮て、毎晩夕食にそれを出すので、牧師館の子供たちが夕食を「ディットー」と呼んでいました。

翻訳は何という言葉があてられていたか忘れてしまいましたが、「同じく」といった感じの日本語に、カタカナでディットーとふりがなが付されていて、子供心にはなぜか強烈な印象が残されました。

という訳で、私の頭の中には、ディットーという言葉とゆでた冷肉が結びついているので、"I love you"に"ditto"と返されたら、百年の恋も冷めそうです。
とつまらないことを長々と書いてしまった(笑)。

Musicaさま

コメントありがとうございます!
そうなんですか。黒人のグループじゃないんですか。しかもグループ名の由来がとてもおもしろいですね。Brothersっていうとますます黒人グループのようにきこえますけれど、背景がそういうことなら納得です。

とにかくこれは本当に名曲ですね。この映画の価値の半分以上はこの曲なのではないかと思います。

はじめまして!

YNさん、はじめまして。
先日、こちらの記事をみつけて14日の「ゴースト」オンエアを楽しみにしておりました。とてもすてきな映画ですね。
拙ブログで、こちらの記事を勝手に紹介させていただきましたのでURLを貼っておきます。
 こちらの記事を拝読しなかったら[ditto]は聞き逃していたと思います、ありがとうございました。

びあんこさま

はじめまして!コメントありがとうございます。またブログでご紹介下さってとても嬉しいです。

さっそくびあんこさんのブログにもおじゃまさせて頂きましたら、以前にも何度か訪問させて頂いたことがあるブログでした。これからもおじゃまさせて頂きます。こちらにもぜひまたいらして下さい。

私は、ブロークバック・マウンテンはまだ見ていないのですが、いつか見たい映画の一つです。ちなみにドン・ジョンソンのマイアミ・バイスは大好きです。

はじめまして

YNさん,はじめまして。

私のブログを訪問していただいてありがとうございます。

ゴースト,なつかしいですね。私はハマッた世代でストーリーも覚えているので,良い英語学習素材となりそうですね。

ところで,大変充実したブログですね。

もしよろしければ,相互リンクをおねがいできないでしょうか?

あつかましいお願いで恐縮ですが,ご検討いただけると幸いです。

ぜひBBMも!

YNさん、こんにちは。
レスありがとうございます、前に見ていてくださったなんて感激です。

「ブロークバック・マウンテン」(BBM)は21日からレンタル開始のようです、ぜひご覧になってくださいね。私の生涯ベスト1映画なので、これからもしつこく語っていきそうです。

>ドン・ジョンソンのマイアミ・バイスは大好きです

私は「ナッシュ・ブリッジズ」の彼しか知らなかったのですが「マイアミ」では若いですねー、どちらもかっこいい。やっぱり録画してちゃんと見なくては♪

勝手にリンクさせていただきました(同じFC2で簡単だったこともあり)、不都合がございましたら連絡をお願いします。
今後ともよろしくお願いします。

ハリー様

コメントありがとうございます。
ハリーさんのブログでは、いつもとてもおもしろいニュースを紹介されているので、ときどきおじゃまして楽しませて頂いております。ということですので、相互リンクの件、もちろんです。こちらこそよろしくお願い致します。これからもどうぞ遊びにいらして下さい。

びあんこ様

こんにちわ!私もナッシュ・ブリッジズも大好きです。実は、中年になったこちらのドン・ジョンソンの方が好きです。(ちなみに、ドン・ジョンソンかジョン・ドンソンかいつも分からなくなってしまいます)

当方もリンクさせて頂きます。これからも遊びにいらして下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://englishbynatsuno.blog62.fc2.com/tb.php/115-65ef88bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。