スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな会社も生まれ変わる 

日経ビジネス経営教室 どんな会社も生まれ変わる
細谷英二
4822274241

スポンサーサイト

稲盛和夫の「生き方」 

生き方―人間として一番大切なこと
稲盛 和夫
4763195433

稲盛和夫 最後の闘い―JAL再生にかけた経営者人生 

稲盛和夫 最後の闘い―JAL再生にかけた経営者人生
大西 康之
453231898X

Who Says Elephants Can't Dance: How I Turned Around IBM 

1990年代前半のIBM立て直しの実績に関する、当時のCEOルイス・ガースナーによる著作。

ルイス・ガースナーはHBR卒業後マッキンゼーに入社。RJRナビスコ、AmexなどのCEOを歴任し、当時苦境にあったIBMのCEOを引き受けた。テクノロジーのバックグラウンドがまったくないにも拘わらずIBMを立て直すことができた彼は、まさにプロの経営者と言えるだろう。

ガースナーによるIBMの状況分析
1. 地域軸とプロダクト軸が強く、顧客軸がない。
・地域のトップは自分の地域の利益拡大のみに注力。プロダクトも同様。事業部門間での勢力争いや足の引っ張り合いも日常茶飯事。同一顧客のニーズに対して複数部門が一切社内協議もなく入札するなど、全社目線での統一的な戦略がない。
・結果として、顧客に対してグローバルベースで、かつプロダクトを俯瞰した総合的なソリューションを提供できていない。

2. 社員のベクトルが社内を向いており、顧客を向いていない。
・上述の事業部門間の足の引っ張り合いもその一例。
・極めて優秀な人材が多数存在するが、その才能を活かしきれていない。社員は組織の中での自分の位置付けの向上や宣伝、組織改編などに過度にエネルギーを割いており、顧客ニーズに向き合う余裕がない。
・ビュロクラシーはどの組織にも必要なものであり、適切に機能するスタッフ組織は会社に利益をもたらすものだが、当時のIBMはスタッフ部門が過剰で、悪しきビュロクラシーが蔓延。
・マネジメントコミティ(MC)は本来マネジメント間で活発な議論を行い決定を下す場のはずだが、実際はMCに陪席している多数のアシスタントたちによる事前調整でほぼ決まっており、MCはラバースタンプの決定をする場になり下がっている。これらのアシスタントたちは、将来の幹部候補で極めて優秀な人材だが、顧客と向き合うことなく、ひたすら幹部たちの秘書的な役割も含むサポート機能に徹しており、能力の有効活用がなされているとは思えない。

ガースナーの実績

着任早々全世界を回り、多数の顧客や社員と直に対話して導き出した立て直しの方策が以下である。

1. 戦略の変更
(1)ハードウェアからソリューションへ
ソリューション・サービスというのは、場合によっては競合他社の製品を顧客に薦める場合もあり、社内の反発は激しいものがあった。ソリューションを提供していた子会社のトップのビジョンと実行力を買って彼を部門のトップに据え、ソリューション業務を強力に推進。
(2)負け犬となっていたOSから撤退しmiddlewareへ
OS2は技術的には優れていたが、戦略のまずさでガースナー着任時にはWindowsの圧倒的なシェアの前に完全な負け犬商品となっていた。ガースナーはOS2に大量のリソースが割かれてることを損失と判断し、思い切ってOS2を切り捨て。またClient interfaceのアプリ(エクセル等)も収益性から不味と判断し、middlewareにリソースを集中。この戦略もあたった。
(3) Branding:バラバラで多数多岐にわたるブランドを統一

2. リストラクチャリング
・不稼働不動産の整理統合
・スタッフ組織の縮小
・顧客軸を主軸にした組織へ(これを明確にするために地域のPLを廃止。地域PLなくてどうやってマネジメントができる、と詰め寄る地域ヘッドに対し、地域は高度なサポーティング・ファンクションになるという強いメッセージを伝達)。

take away
・テクノロジーのバックグラウンドがないガースナーが、なぜソリューションやミドルウェアへの戦略転換が進むべき道と判断し主導できたのかは明確にはわからないが、マッキンゼーや他業界のCEO経験で培った経営者としての力、顧客の声を聞き競合他社動向を分析し、業界の行方を判断する力なのであろう。
・注目すべきは、外部からのトップ人材の導入を最低限に抑え、内部人材を尊重し彼らを有効活用したことであろう。
・最後の方の章で、多くのCEOが陥る罠をまとめているのも参考になる。
-VisionとStrategyの混同
-Strategyとoperation/executionが一体化していないこと(strategyはトップレベルで議論を重ねて策定しても、operationがbusiness as usualで従来通り行われていることが多い。CEOの役割は、strategy shiftにあわせて、場合によっては思い切ったリソースのシフトや業績効果・組織枠組みの変更断行する必要がある<=上記の地域PLの廃止等)。
-M&Aの誘惑

本書はAudibleで購入。ナレーションも大変よかった。ゆっくり目なので1.25倍速でちょうどよい。

Who Says Elephants Can't Dance?: How I Turned Around IBM
Louis Gerstner
0007170874

Keynes Hayek: The Clash That Defined Modern Economics 

Keynes Hayek: The Clash That Defined Modern Economics
Nicholas Wapshott
0393343634

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。