スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ゴースト』 

『ゴースト』("Ghost") 1990年 米国
監督:Jerry Zucker
出演:Patrick Swayze,Demi Moore,Whoopi Goldberg 

IMDb (Ghost)はこちら

ストーリーはありがちなものですが、とてもロマンチックで、かつサスペンスの要素やコメディの要素もあり、お勧めです。

この映画を見たことがなくても、曲"Unchained Melody"は聞いたことがあるはず。この曲のおかげで、映画の価値も上がったのではないかと思います。

(なお、古い映画なので、以下の紹介は内容にかなり踏み込んでいます。)



ストーリー(出だし)
恋人どうしのサム(パトリック・スウェイジ)とモリー(デミ・ムーア)はNYのロフトで一緒に暮らし始める。幸せの絶頂にあった二人だが、ある晩帰宅途中で強盗にあい、サムは撃たれてしまう。サムは、自分の体にすがりついて泣くモリーを、離れて見ている自分に気づき呆然とする。

あまりに突然で事態を呑み込めず、モリーのことも心配で離れられないサムは、やがて、自分が襲われたのは単なる偶然ではないことを知る。自分の死の謎を解明し、モリーを守るために、サムは何とかモリーに意志を伝えようとするのだが。。。


コメント
モリーを深く愛していながら、生きている間は言葉ではあまり表現してこなかったサム。そんなサムがモリーを守ろうとする必死の思いにとても感動します。何度見ても涙がでるほど。

一方で、ウーピー・ゴールドバーグ演じるインチキ霊媒師オダ・メイ・ブラウンとサムのかけ合い漫才のようなやり取りがおかしくて、笑いこけてしまいます。

サムの死の謎を追う過程で、ドキドキ・ハラハラしながら、泣いたり笑ったり楽しめる映画です。

個人的には終わり方があまり好きではないのですが(私は悪人は法の裁きを受けてほしいと思うので)、でも話の展開からするとこうするしかないのかなとも思います。

パトリック・スウェイジもすてきですし、ウーピー・ゴールドバーグの怪演も笑えますが、やはり何度も見たくなるのは、デミ・ムーアの魅力のためでしょうか。

この映画のデミ・ムーアは、他の多くの出演作("G.I.ジェーン"や"Striptease" や"Disclosure")のようなタフで攻撃的な女性ではなく、とても可憐ではかなげな女性を演じています。これがとても魅力的です。私はこの映画のデミ・ムーアが一番好きです。


セリフの紹介
では、セリフをご紹介します。

まずは、オダ・メイ・ブラウンとサムの漫才。ゴーストとなったサムがオダ・メイを通じて何とかモリーに状況を伝えようとするところです。

QUOTE
Sam : Molly, you're in danger.

Oda Mae: You can't just blurt it out like that! And quit moving around, because you're starting to make me dizzy. I'll just tell her in my own way.

[pause; then, to Molly]

Oda Mae: Molly, you in danger girl.

UNQUOTE

ここで、オダ・メイは、「君に危険が迫っている」というサムの言い方に、そんな唐突な言い方じゃだめよ、と文句を言いながら、結局モリーに言ったセリフはサムの言い方そのまま。単に最後に"girl"を追加しただけです。

ちなみに、オダ・メイにはサムの声だけ聞こえて姿は見えません。なので動き回られるとめまいがすると、文句を言っている訳です。そしてモリーにはもちろんサムの声は聞こえません。

では、場面は映画の冒頭に戻って、二人が強盗に襲われる前の会話です。

QUOTE:
Molly: Do you love me, Sam?

Sam: Now, what do you think?

Molly:Why don't you ever say it?

Sam: What do you mean, why don't I ever say it? I say it all the time. I feel like,,,

Molly: No, you don't. You say "ditto", and that's not the same.

"ditto"というのは「同じく」という意味ですね。いつもMollyが"I love you"と言って、Samはその後に"ditto"というだけ。自分から言ってくれることも、"I love you, too"と返してくれることもないのです。


そして、今度は、一番最初にご紹介した会話のすぐ後。サムが、オダ・メイは自分(サム)の言葉を伝えているのだということを、何とかモリーに証明しようとするところです。

QUOTE

Sam(オダ・メイに): Tell her I love her.
Oda Mae(モリーに): He says he loves you.
Molly: Sam would never say that.
Sam(オダ・メイに): Ditto. Tell her ditto.
Oda Mae(サムに):What the hell is ditto? (モリーに)Ditto.

ここで、モリーは、本当にこれはサムかもしれないと思うのです。襲われる前の会話が伏線になっているわけですね。


photo
ゴースト ニューヨークの幻
ジェリー・ザッカー パトリック・スウェイジ デミ・ムーア
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-03-01

by G-Tools , 2006/09/10




photo
ゴースト―ニューヨークの幻
Bruce Joel Rubin 新田 晴彦
フォーインクリエイティブプロダクツ 1995-06

by G-Tools , 2006/09/10




英語レベルは「中級」。このスクリプトのレベル区分(中級)も参考にしました。そんなに聞き取りづらいところはないと思います。


関連カテゴリー: | ラブストーリー・ラブコメディ
紹介媒体: | 映画DVD | 映画スクリプト | → 「ブログ内検索」で同じ媒体を紹介している記事を探す 

スポンサーサイト

真珠の耳飾りの少女(Girl with a Pearl Earring) 

全世界で200万部以上を売り上げたベストセラー「真珠の耳飾りの少女」の映画化。私は、原作はあまり好きになれませんでしたが、映画は楽しめました。映像の美しさだけでも十分見る価値があると思います。特にフェルメールの絵が好きであれば、ぜひ見てみて下さい。

Story
17世紀のオランダ、デルフト。少女グリートの父は腕のよいタイル職人だったが働けなくなってしまったため、グリートが奉公に出ることになる。奉公先は、フェルメール家。

フェルメール家には、画家のフェルメール、夫人、夫人の母親、たくさんの子供がいる。グリートは、前からいる召使のタンネケと共に、毎日掃除・洗濯・食事の仕度に追いまくられる。しかもグリートには、もう一つ仕事があった。画家のアトリエの掃除。

やがてグリートは、顔料を混ぜ合わせるなど画家を手伝うことになる。ただでさえ忙しい日々の中、嫉妬深い夫人に見つからないように助手としての仕事をこなすのはかなりの負担であったが、グリートはその仕事に喜びを見出す。そして、、、。


コメント
この映画は、フェルメールの絵のように、光と影と色彩を見事に使いこなしています。映画冒頭、グリートが野菜を切っている場面は、まるでフェルメールの絵から抜け出てきたようです。その後も、グリートがアトリエの窓を拭く場面など、各所に絵のような場面があります。

そして、もう一つ映画の武器である音も効果的に使われています。グリートが野菜を切る音、二人が顔料を混ぜる音、アトリエの足音や床のきしむ音(これを階下で夫人が聞いています)、キャンバスに筆のこすれる音。

音楽もとてもすてきです。光のゆらめきのような静かで底に情熱を秘めたような音楽。

映像と音の美しさを堪能できる映画です。

ストーリー自体は、原作もシンプルで淡々としているのですが、映画はさらにシンプルになっています。原作では、もう少しグリートの両親の話、グリートとフェルメール家の子供たちとの交流、顔料の説明など、細かく書き込まれていますが、映画ではかなりはしょられています。終わり方は、原作ではもう少し何かあったような気がしますが、何せずいぶん前に読んだので忘れてしまいました。映画はあれっというぐらいあっさりと終わってしまいます。でも映画としては焦点が拡散せずよかったと思います。


私が、原作を好きになれなかったのは、原作で描かれているグリートが好きになれなかったためです。原作は、グリートの一人称で書かれていて、周りで起こっていることに対しグリートが考えていることがすべて書かれています。

原作に描かれているグリートは、10代の少女の初々しさのかけらもありません。よく言えば、腹がすわっていて、要領がよくて、周りをよく観察している、悪く言えば、いけずうずうしくて、ずる賢くて、小賢しい。情感や、設定から期待されるような、感性が花開いていく過程も感じられない。10代にして小さくまとまってできあがってしまっていて、干からびた小母さんという感じなのです。

映画が原作よりすぐれていると思ったのは、原作にあるグリートの心の中の小賢しいコメントが一切排除されていること、そして、何よりグリート役スカーレット・ヨハンソンの可憐さと、彼女のあるかなきかの微かな表情の変化による演技で、原作に欠けている情感が表現されていることだと思います。

もしかしたら、17世紀オランダで10代の庶民の少女は、実際には原作のような感じだったのかもしれません。教育も教養もないまま若い頃から家を切り回したり家計を支えたりしなければならなければ、初々しさも情感もあっという間に干からびてしまう。でも、現代人としてはやはり映画のグリートの方が好きになれると思います。

そして、フェルメール役のコリン・ファースも、抑制された演技で、見事に情熱を表現しています。グリート役にスカーレット・ヨハンソン、フェルメール役にコリン・ファースというのは、他にはもう考えられない絶妙なキャスティングでしょう。

映画で、雰囲気を堪能し、原作を解説書として読めばさらに楽しめるのではないでしょうか。原作は、顔料の話や、カメラ・オブスクラを利用したフェルメールの画法などについて、よく調べて書いており、それはそれで楽しめると思います。

映画DVD

photo
真珠の耳飾りの少女 通常版
オリビア・ヘトリード ピーター・ウェーバー スカーレット・ヨハンソン
メディアファクトリー 2005-01-14

by G-Tools , 2006/08/10




原作(洋書)
photo
Girl With a Pearl Earring
Tracy Chevalier
Plume 2001-01-08

by G-Tools , 2006/08/10





原作(英語朗読CD)
photo
Girl with a Pearl Earring
Tracy Chevalier Ruth Ann Phimister
Recorded Books 2004-07

by G-Tools , 2006/08/10




原作(翻訳版)
photo
真珠の耳飾りの少女
トレイシー シュヴァリエ Tracy Chevalier 木下 哲夫
白水社 2004-03

by G-Tools , 2006/08/10








関連カテゴリー: | ラブストーリー・ラブコメディ |
紹介媒体: | 洋書 | 英語CD | 翻訳版 | 映画DVD | → 「ブログ内検索」で同じ媒体を紹介している記事を探す 

映画:ロミオ&ジュリエット 

ケーブルテレビでやっていたので見てみたら、思いもかけずとてもいい映画でした。

設定を現代のマフィアの抗争に変えての映画化ということで、血みどろでドロドロした話に変えられているのかと思ってずっと見てなかったのですが、全くそんなことはありませんでした。設定は変わっていますが、筋もセリフも驚くほど原作に忠実です。

出だしは見そこねて、キャピレット家の仮装パーティーに忍び込もうとするところから見始めたのですが、黒人が演じるマキューシオが女装(仮装です)して、戯言を長々と言っているのに対し、甲冑の仮装をしたロミオが
"Mercutio, thou talkest of nothing!"
と言ったので、一瞬聞き間違いかと思いました。ところが、その後も多少の省略はありますが、ほとんど原作のセリフのまま。違和感があったのは最初だけで、あっと言う間に違和感は消えました。

デカプリオ、クレア・デーンズをはじめとして、皆シェイクスピアの難しいセリフを自分のものにして、自然ですばらしい演技でした。もちろん有名なバルコニーシーンのセリフもそのまま。

Juliet: O Romeo, Romeo! - wherefore art thou Romeo?
Deny thy father and refuse thy name.
Or if thou wilt not, be but sworn my love,
And I'll no longer be a Capulet.

Romeo: Shall I hear more, or shall I speak at this?

本で読んでいてもなかなか頭に入らないセリフも、この映画を見ていたら理解できそうです。あれこんなセリフあったかな、と思って本を見るとちゃんとある。いかに本を理解できていないかということもよく分かりました(笑)。

筋立ても驚くほど原作に忠実に作られています。ロミオがティボルトを殺してしまった後、パトカーに囲まれ、署長(原作のPrinceですな)が、「ロミオは街から追放」と叫ぶのですが、さすがにそこぐらい多少ストーリー変えたら?(殺人事件で、裁判もなく街から追放だけはないでしょう)と思いましたが、ほんとうにびっくりするぐらい原作に忠実です。


そして、極彩色のシャツの色、水槽やプールの水を使った場面など、映像の美しさも印象に残ります。IMDbで見てみたら監督バズ・ラーマンは「ムーラン・ルージュ」(2001)の監督でした。なるほどなと思いました。

しかし、何と言っても勝因はロメオ役をデカプリオにしたことでしょうか。まだ、はかない少年のような美しさが心を打ちます。クレア・デーンズもかわいく可憐でありながら毅然としていて演技もすばらしいのですが、デカプリオのはかなさにくらべて、ちょっと顔と体の作りがしっかりしすぎているかな、と。さらに華奢で可憐な感じだともっとジュリエットという感じがしたかもしれません。

ともあれ、思いがけずすてきな映画でした。私と同じ理由で見るのをためらっていた方にも、お勧めです。

IMDbの記事はこちら

photo
ロミオ&ジュリエット
バズ・ラーマン ウィリアム・シェイクスピア クレイグ・ピアース
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2003-04-11

by G-Tools , 2006/07/30




出演: レオナルド・ディカプリオ、 クレア・デーンズ、 ブライアン・デネヒー、 ポール・ソルビノ、 ミリアム・マーゴイルズ
監督: バズ・ラーマン


photo
ロミオ&ジュリエット―名作映画完全セリフ集
フォーインクリエイティブプロダクツ 曽根田 憲三
フォーインクリエイティブプロダクツ 1999-01

by G-Tools , 2006/07/30




関連記事
無料ポッドキャスト:ロミオとジュリエット
恋に落ちたシェイクスピア





関連カテゴリー:| あの名作をもう一度 |  
紹介媒体: | 映画DVD | 映画スクリプト | → 「ブログ内検索」で同じ媒体を紹介している記事を探す


恋に落ちたシェイクスピア(Shakespeare in Love):英語レベル ちょっと上級 

ロミオとジュリエットの話を書いたので、関連してこの映画を。

映画の内容
1998年の作品。第71回アカデミー賞の作品賞、脚本賞、主演女優賞ほか7部門を獲得したロマンティックラブストーリーの傑作。

若きシェイクスピアを主人公に、「ロミオとジュリエット」の執筆・舞台稽古の進行と、彼の実生活におけるヴァイオラという女性との恋愛を同時進行で交錯させながら描く。

コメント
大部分は純粋なフィクションですが、「ロミオとジュリエット」「十二夜」を中心に、シェイクスピアの戯曲のストーリーやせりふを織り込みながら、ストーリーを展開させていく脚本は見事というほかありません。

また、当時の劇場の様子、衣装なども見事に描かれていて、雰囲気に取り込まれます。

終わり方も私はとても気に入りました。観ていない方のために、詳細は明かしませんが。

ちなみに、監督・キャストは以下の通りです。

Director :John Madden

Joseph Fiennes ジョセフ・ファインズ: Will Shakespeare
Gwyneth Paltrow グィネス・パルトロウ: Viola De Lesseps
Judi Dench ジュディ・デンチ: Queen Elizabeth
Ben Affleck ベン・アフレック: Ned Alleyn

今回この記事を書くにあたって、iMDBでキャストを見て、結構有名な人がたくさん出ていたのね、と驚きました。

Colin Firth .... Lord Wessex (え、コリン・ファースだったの?記憶と違うのですが、、。記憶では結構気持悪い人だった、、)。

Geoffrey Rush .... Philip Henslowe (「シャイン」でアカデミー主演男優賞を受賞した俳優です。気づかなかった。)

Rupert Everett .... Christopher Marlowe (私は、"My Best Friend's Wedding"でのジュリア・ロバーツの友人役ですてきだなと思いました。マーローもすてきだったけど、同一俳優だったという記憶がない、、、。しかもiMDBには"uncredited"と書いてあるのですが、どういう意味でしょう?)

主要キャストに話を戻すと、グィネス・パルトロウはこの映画で主演女優賞を受賞。個人的には、彼女よりもジョセフ・ファインズの演技の方がよかったと思います。外見は貧相な彼ですが、とても魅力的でした。

ジュディ・デンチはエリザベス女王役で助演女優賞を受賞。貫禄たっぷり。実際にスクリーンに出ていた時間はとても短いのですが、当然の受賞という感じです。



photo
恋におちたシェイクスピア
ジョン・マッデン グウィネス・パルトロウ ジョセフ・ファインズ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-01-27

by G-Tools , 2006/07/05




photo
恋におちたシェイクスピア―シナリオ対訳
マーク ノーマン トム ストッパード Marc Norman
愛育社 1999-04

by G-Tools , 2006/07/05




私自身はこの対訳本を持っていないので、内容未確認です。でもずっとこの映画のスクリプトを探していたので、買おうかなと思っています。


とにもかくにも、映画全体が美しく、ストーリーも楽しくおもしろく、そして爽やかで余韻をもたせた終わり方、お勧めの映画です。


関連カテゴリー: | あの名作をもう一度 | ラブストーリー・ラブコメディ| → カテゴリー欄から同じカテゴリーの記事を探す
紹介媒体: | 映画DVD | 映画スクリプト | → 「ブログ内検索」で同じ媒体を紹介している記事を探す
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。